FXトラリピ・トライオートETFで不労所得「nobログ」

投資歴13年、40歳のおっさんがFXトラリピとトライオートETFで稼いだ金額や手法、所感を公開するブログです。
トラリピの設定の他、不動産投資、太陽光発電等の不労所得についても記載しています。
投資は自己責任、利益を得るためにリスクを取るなら損失も覚悟しましょう。

設定公開

今後の設定変更について【2020年6月】

今回は今後の設定変更について、お話ししたいと思います。
現在の状況、および設定は下記の通りです。

現在の状況
202006末Top

現在の設定
トラリピ設定
 ※この設定を2重で登録しているため、両通貨供に実際の注文金額は0.2万通貨です。


現在の設定はリスクをかなりとった設定になっています。
豪ドル円の方は約65円、カナダドルの方は約73円でロスカットされる計算になります。
 ※所持金を450万、運用資金を豪ドル250万、カナダドル200万として、設定金額のポジションをすべて所持した場合のロスカットです。
  現状からそのまま下がった場合はポジションをフルでもっていないため、もう少しロスカット金額が下がります

史上最安値は、豪ドル円は55円、カナダドル円は57円のため過去最大規模の下落が起こった場合はロスカットされてしまいます。
理想的には上記最安値を下回るような位置にロスカット金額を設定して注文金額や本数を変更することが重要です。
私は、コロナショック後に開始したため高確率で戻すと思って買いの設定を2倍でやっていましたが、戻りも一段落し方向感のないレンジ相場になりつつありますのでそろそろ設定を半分にしようかと思っています。具体的には下記の通りです。

<価格が上昇していく場合>
価格が上昇していく場合は、しばらく現状の設定のままで様子見の予定です。
上昇が一段落した時点で設定を半分にします。
一段落するのは具体的にいつか?というのは現状では何とも言えませんが・・・。
私が状況を判断する際には移動平均線を使用しています。10日と30日と100日を見てますね。
日足のろうそく線と10日の移動平均線がデッドクロスしたらそろそろかなという感じで。
後は状況次第ですね。

<価格が下落していく場合>
価格が下落していく場合は、豪ドル円は70円、カナダドル円は75円になったタイミングで損切りする予定です。
おそらく、それ以降下がっていくと資金的に耐えられなくなります。
損切りの際は、両通貨供にポジションの半分を決済予定です。

私の希望としては上昇してから下落というのが一番理想な展開ですね。
理想な展開になった場合には、資金に余裕が出てくると思いますのでユーロ円やニュージードルの設定を追加しようかと考えてます。
理想の展開になってきたら、またその点については記事にして公開しますね。


FXおすすめ トラリピ設定公開【2020年6月7日】

今回は私のトラリピの設定について公開したいと思います。
私は現在、豪ドル円(AUD/JPY)と加ドル円(CAD/JPY)で設定をしています。
それぞれの設定は下記の通りです。

トラリピ設定
トラリピ設定

コロナショック後の為に大暴落していたので、両通貨とも戻りを狙って買いの設定になっています。
レンジに関しては、値幅10円で設定していますが、当初からこのレンジだったわけではありません。
最初の設定は豪ドル円が60.00~70.00、加ドル円が70.00~80.00でした。
両通貨共にレンジを上に抜けてきたので、追随するようにレンジを変えています。

両通貨供にトラップ幅は0.1円を指定するためトラップ本数が101本になっています。
1本あたりの通貨数は0.2万通貨で、このあたりのバランスは運用予定額と相談ですね。
ちなみに私は、豪ドルの方で250万、加ドルの方で225万を運用予定額としています。
マネースクエアさんには「トラリピ運用試算表」という便利なツールがあって、これを利用することでこのあたりのバランス調整がとてもやりやすいです。
トラップ本数を増やしたり、通貨を増やしたりするとそれだけ運用資金も多く必要になります。
自分の運用資産にあった設定を計算しやすいですね。
下記は豪ドルの試算画面です。
※0.2万通貨になっている点は、後ほど説明します。

トラリピ運用試算表
豪ドル円試算

また、通貨数は0.1万通貨なのですが、実際はまったく同じ設定のトラリピを2つ作成しています。合計0.2万通貨ですね。
なぜ2つに分けているかというと・・・本来であれば運用資金から計算して0.2万通というのはリスクが非常に高いです。
上の試算表を見てもらってわかるように、仮に全部のポジションを持った状態で価格がどんどん下がっていくと、豪ドル円が65.234円になったときにロスカットされてしまいます。
ここ20年での豪ドルの最安値は、2000年や2008年の時の55円台です。これからそこまで下がる可能性は当然あります。。
そこで、下がり始めた場合の回避策としてお金を投入したり、ポジションを増やさないようにしたり何らかの方法が必要となります。
私の回避策としては、運用通貨を半分にすることで含み損ポジションを減らす方向で検討しています。そのための分割設定なのです。

利益額としては900円に設定していますが、これは今年1月から5月末までのATRから算出しています。
日別のATRを0.2円幅でプロットして、加重平均で平均値を出したところ0.98円でした。
なるべくトラップに引っかかりやすいように切り捨てして0.9円と考えると、0.1万通貨買って0.9円値上がりすると利益は900円になります。

私は2020年3月11日からこの設定で運用していますが、運用資金395万円で初めて現状の有効証拠金は約475万円です。
かなりのリスクを取っている為、すごい早さで増えていきますね。
完全放置したいという方は、0.1万通貨で運用したり、レンジをもっと幅広くしてトラップ本数を押さえることで可能になると思います。
皆さんもいろいろ試算してみてください。
プロフィール

nob

2020年で40歳になる大量生産型普通のおっさん。
27歳の時に投資に目覚め、投資信託、FX、株式、太陽光発電、不動産投資と様々な投資に手を出す。
落ち込むこともあるけれど、私、投資が好きです。
このブログはそんな私の投資経歴や現在の投資状況、その他雑記を載せていく予定です。
他にも陸マイラーとしてのポイ活なども絶賛稼働中です。
皆さんに、私の経験を通して有益な情報を発信できたらと思ってます。
何卒、よろしくお願いいたします。

お問い合わせ

名前
メール
本文