FXトラリピ・トライオートETFで不労所得「nobログ」

投資歴13年、40歳のおっさんがFXトラリピとトライオートETFで稼いだ金額や手法、所感を公開するブログです。
トラリピの設定の他、不動産投資、太陽光発電等の不労所得についても記載しています。
投資は自己責任、利益を得るためにリスクを取るなら損失も覚悟しましょう。

太陽光発電

太陽光発電の不労所得 今までの収支

今回は太陽光発電の収支について記載したいと思います。
前回の記事で太陽光発電で毎月約1.6万円の収入を得ていることをお話ししました。
詳細は下記をご覧ください。

ちょうどよい機会なので、過去の収支について調べて表にしてみました。
2015年10月から前月までの収入は下記の通りです。

太陽光収支_202005

太陽光収支グラフ_202005


収入があったのは上記の通りですが、太陽光発電の恩恵としては売電収入高だけでなく、日中の電気を買電することなく賄えるところもあります。
太陽光発電を住宅に導入した場合、発電した電気はまず住宅での消費に充てられます。消費しきれずに余った分が売電され収入となります。
日中発電している時に住宅で使用している電気分は買電しなくてよい、つまりその分も収入として考えることができます。
 ※例えば太陽光発電導入前に昼の時間帯に5,000円買電していたとすれば、導入後は0円と考えることができ、その分支払いが減ります。
正確な金額はわからないのですが、我が家は導入前通常5,000~6,000円だった電気代が3,000~4,000円に減りました。
つまり、1,000~2,000円分は節約できている計算になります。
間を取って月に1,500円節約できていると仮定すると、5年間でおよそ9万円が上記表に加えて収入があったとみなせます。

太陽光発電は現金で一括払いしたため、ローンの支払いもなく設備の故障なども発生しておらず、現状は支出がありません。
パネル自体の寿命は20年~30年と言われており、当分は交換の心配はありません。ですが、パワーコンディショナーに関しては、15年ほどで寿命を迎えることもあるそうです。
パワーコンディショナーは20万円ほど見込んでおかないといけませんね。それだけの支出があっても15年時点では総合収支はプラスになっていると思われます。
その他メンテナンスという点でも特に不要で、本当にお金がかかりません。
今後も順調に発電してくれることを願っています。


太陽光発電で不労所得 月平均1.6万円

私は太陽光発電も実施しています。
まずは一括見積で複数社から見積もりを取って検討しました。
一言で太陽光発電と言っても、メーカーもたくさんありますし施工してくれるお店も山ほどあります。
とりあえず、一括見積を3案件くらい申し込んで、10社くらいから見積もりを貰って打ち合わせしました。

実は一括見積よりもだいぶ前に、近くのショッピングモールで開催している太陽光発電のイベントで見積もりをしてもらったことがありました。
その時に出てきた見積もりが、容量は4Kw弱で300万円ほどでした。メーカーや会社名は伏せますが・・・めちゃくちゃ高くてほんとにそんなにするの?と思ってたんですよね。
で、一括見積で10社ほどの方と話しながら見積もりを確認していくと、相場的には1Kwで30万~50万くらいでした。
ショッピングモールで勧誘された時に飛びつかなくて良かったです。(笑)

見積もりで打ち合わせをする傍ら、ネットでも色々調べてメーカー毎の特徴などを勉強しました。
当時は屋根の形が複雑だと京セラかシャープで、単純な正方形の場合は東芝かパナソニックか長州産業。広い屋根面積が確保できる場合にはソーラーフロンティアといった感じでした。
私の住宅の屋根は切妻屋根で南向きでしたので、かなり条件がよく多くのパネルを載せることができました。
最終的に東芝とパナソニックで悩み、当時問題のあった東芝はやめてパナソニックを載せることにしました。
また、施工会社はフジサービスさんにお願いすることにしました。決め手の理由は伊藤社長自ら熱心に営業していただき、私からのどんな些細な質問にも真摯にお答えしていただきました。
東海地区に住んでいる方限定ですが、おすすめですよ。

最近の発電状況
太陽光発電


契約したのは2015年6月くらいだったかと思いますが、実際に発電が始まったのは9月の半ばくらいですね。
容量としては244wのパネルが20枚で4.88Kwという中途半端な容量になっています。(笑)
施工金額は税込みで150万円でした。市と県からの補助金で13万円がキャッシュバックされましたので、実質137万円で導入したことになります。

また、売電金額は33円で契約しています。現在は電力会社ではなくパナソニックに買取してもらっており、1円高い34円で売電しています。
収入についてですが、5月や11月などが一番発電効率がよく、月に2.5万円ほどの売電収入がある年もありました。
逆に、雨の多い6月や日照時間が少ない冬の期間などは1万円くらいになる年もあります。
月によって日照時間が異なるため、毎月定額で入ってくるわけではないのです。
また、天気にも左右されるので晴れの日が多ければ収入も多くなりますし、曇りや雨の日が多ければ収入は減ります。
平均すると毎年20万くらいで月平均1.6万ほどの不労所得を生み出しています。

毎月1.6万円で計算した場合、元が取れるまで7年くらいかかります。
買取価格の契約は10年間なので、残りの3年間は丸々収入になるわけです。
よって、10年間で137万が192万円になる。利益率としては40%位ですね。
固定価格買取制度(FIT)が終わっても全く役に立たなくなるわけではなく、金額が下がりますが買取はしてもらえます。
現状では私の住んでいる中部電力地区ですと最低7円くらいでは買い取ってもらえる様です。
今の5分の1くらいの収入になりますので、毎年4万円にまで減りますが何のメンテナンスも要らずデメリットもないのでこれはこれでアリかなと思います。

それほど利益率は高くないですが、その他の投資と違って本当に全く手がかからないのが魅力ですかね。
実際、今までで問題が出たのは1回だけですね。地震の直後から発電量が減ってしまい、調査してもらったところ4つある系統の1つだけブレーカがOFFになっていたらしく発電していませんでした。
ほぼ毎日発電量をチェックしていたため気づくことができ、ほとんど損害なく解決できて良かったです。

今までの収支についてはまた別の記事で紹介したいと思います。



色々な投資をやってきました④(FX編3)

FX編2の続きです。これでFX編は完結ですよ。
まだご覧になっていない方は、下記からご覧ください。

色々な投資をやってきました③(FX編2)はこちら

前回は素晴らしいツールを発見したという話でしたよね。
そうなんです、自分の弱点を克服するツールを発見して、今年3月のコロナショック直後から導入しました。
このツールを使って、395万を運用中です。中途半端な額が現実味を醸し出してますね。(笑)
その運用益はなんと、6月3日現在で75万ほど、証拠金として470万という状態です。
利益率は驚愕の18.9%です。3月11日から運用していますので、約3か月でこれほど稼いだことになります。
この調子で稼げたとすると・・・1年間で約300万、年利80%程です。
仮に50万円を年利80%で運用すると、5年後には約944万、10年後には約1億7852万円にもなります!!
スゴ・・・。

さあ皆さん、ここまでの話を聞いて興味を持たれましたか?
こんな夢みたいなツール欲しいと思いませんか?
今ならこのサイトをご覧になっている皆様に先着100名様限定でお譲りします。
通常49万8千円のところ、今だけ限定で19万8千円でお譲りします!!

なんて言われたら皆さん買いますか?
こういう話はネット上にたくさん転がってますよね?騙されちゃだめですよ。(笑)
私の話に出てくるツールというのは、マネースクエアさんのトラリピという注文方法です。

また、現状はかなりのリスクをとって運用しているため、これがずっと続くことはあり得ません。
コロナショック後の限定的な運用をしていますので、この利益率が出せているだけです。
FXで1億稼いだとかいう話もよく聞きますが、嘘ではないと思います。確かにその人は稼げたんでしょう。
ですが、同じ方法で他の人がやったとしても同じように稼げるかはわかりません。
過去に遡って、全く同じタイミングで同じことをすれば同じように稼げるでしょう。
ただ、そんなことは無理です。これからどのような値動きをするかは誰にもわかりません。
予想するしかないです。

私も今後、トラリピの設定などを公開していこうかと考えていますが、上記のような理由から全く同じようになるとは限りません。
なので、利益が出せなくても怒らないでくださいね。(笑)
ただ、再現性はあると思いますので参考にはなると思っています。
私の歩んだ記録を残すとともに、皆さんの今後の人生に少しでも貢献できればと思います。

以上で投資経歴のFX編は終了です。
今後は、太陽光発電編や不動産投資編を予定しています。
時系列的には、FX編の途中で取り組んでいる感じになります。
それでは、次回もお楽しみに。



過去の①②③については下記からどうぞ。

色々な投資をやってきました①(投資信託編)はこちら

色々な投資をやってきました②(FX編1)はこちら

色々な投資をやってきました③(FX編2)はこちら

色々な投資をやってきました②(FX編1)

前回は投資の道に入ったきっかけをお伝えしました。
詳細は下記をご覧ください。

色々な投資をやってきました①(投資信託編)はこちら

さて、投資信託でちょっと利益が出ていい気になった私は、他人に預けて資産を増やすより自分でトレードした方が手数料も取られないし、自分の采配でお金を動かせるためより多く設ける事ができるのでは?と思いました。
危ないですよね、実に危ない。(笑) 「勝って兜の緒を締めよ」という言葉をこの時の自分に送ってやりたいです。

自分でトレードする方法はたくさんあります。株式、債券、FX、先物などなど・・・他にも色々あります。
投資という意味で言えば、太陽光発電や不動産投資も候補にありましたが、この時はFXにしようと思いました。
理由については、大きく3つありました。

一つ目は、価値が0にならないだろう事。
株式の場合は購入した株式の発行企業が倒産した場合、保持している株式は紙くずになってしまいます。
その点、通貨の場合は発行している国なくならない限りは価値が0円になることはないです。
会社と国で考えた場合に、後者の方がリスクが少ないと感じました。

二つ目は、1トレードの単位が少額で済むこと。
当時は株式だと単位株数で取引するしかなく、多くの株式は100株単位であったため元手が多く必要です。
FXはレバレッジという仕組みもあり、少額でも多くの資金を扱うことができます。
 ※当時の考えでは上記の通りですが、今はあまりレバレッジをかけて取引するべきではないと思っています。皆様もご注意を。

3つ目は、複数通貨あることで例えば円が下がっていたとしても、ドルやユーロなどが上がっているなど、常にどこかの通貨でトレードできると考えていました。
常にどこかの通貨は動いていてチャンスがあると。

そういった理由で、また即座に口座を開き翌日には円の通貨ペアのほとんどでポジションを持ちました。
そうすると、ポジションを持つことに全く慣れていないからか、常に気になるんですよね。
利益が出ているのか損しているのか・・・気になって気になってしょうがなくなり、常にインターネットで為替相場を見てましたね。
いや~すごい苦い思い出です。(笑)

この時はまだ、とんでもないことになるとは夢に思ってませんでしたね。
続きは③でお話ししたいと思います。



過去の①については下記からどうぞ。

色々な投資をやってきました①(投資信託編)はこちら

色々な投資をやってきました①(投資信託編)

私は今までいろいろな投資を行ってきました。
株式、投資信託、FX、不動産投資、太陽光発電。

一番最初に取り組んだのは、投資信託です。
当時私は27歳だったのですが、ちょうどギリシャショックが起きた時です。
それまでは投資に全く興味はなかったのですが、ふとしたきっかけで始めることになりました。

どういったニュースだったか、詳細は覚えてないのですが・・・株価が暴落しているというニュースだったと思います。
それを見て、どれだけ下がってもまた上がるんでしょ?と思ったのです。
過去を遡ってみても下がった後には必ず上がっていることに気づき、
「今買えば上がった時にはすごいことに!?」
と非常に安直に考えてたのをよく覚えています。(笑)

思い立ったらすぐ行動するので、その日のうちに当時口座を持っていた新生銀行で投資信託の申し込みをし、すぐに銘柄を購入しました。
当時は20万ほど投資しましたかねぇ、ちょうど結婚した年だったのでそれまでの独身時代に貯めていた貯金は使えなかったんですよね(笑)
お小遣いだけで貯めた、虎の子の20万円を使ったというのも思い出深いです。

で、購入後しばらく値動きを見守っていたのですが、数日後に25万くらいになりまして。
「こんな短い期間で1.25倍、25%も利益が出ちゃったよ。こりゃいいや。」
ってなもんで、投資の世界へ足を踏み入れていくのでした。

当時は全くもって全然、投資の怖さを理解してなかったんですよね。
ビギナーズラックでたまたま利益が出て、「簡単じゃん!?」と思ってしまった。
この後、FXで痛い目を見るとは全然思ってませんでした。(笑)

FX編へ続きます。

プロフィール

nob

2020年で40歳になる大量生産型普通のおっさん。
27歳の時に投資に目覚め、投資信託、FX、株式、太陽光発電、不動産投資と様々な投資に手を出す。
落ち込むこともあるけれど、私、投資が好きです。
このブログはそんな私の投資経歴や現在の投資状況、その他雑記を載せていく予定です。
他にも陸マイラーとしてのポイ活なども絶賛稼働中です。
皆さんに、私の経験を通して有益な情報を発信できたらと思ってます。
何卒、よろしくお願いいたします。

お問い合わせ

名前
メール
本文