FXのおすすめ手法 トラリピで不労所得「nobログ」

投資歴13年、40歳のおっさんがFXトラリピとトライオートETFで稼いだ金額や手法、所感を公開するブログです。
トラリピの設定の他、不動産投資、太陽光発電等の不労所得についても記載しています。
投資は自己責任、利益を得るためにリスクを取るなら損失も覚悟しましょう。

2020年08月

トライオートETF TQQQ 収支報告【2020年8月 3週目】

今週の状況は下記の通りです。

<現在の状況>
202008-03_etf



利確  : +36,454円(累計:+57,936円)
含み損 :  -1,114円
 

今週は先週と同じくらいの値動きでしたかね?安定して利益出るのはいい事です。
先週より利益が多いのは、実は等間隔値幅で自身でビルダー設定した物の決済が含まれてます。凡そ1.5万くらい。
ヘッジャーロジックとどっちがいいか試してみたのですが・・・ヘッジャーロジックの方が良いという結論になり設定は削除してしまいました。
ブログの方で、現在ヘッジャーロジックの解説(の様なもの)と題して更新続けてますが、その中でどのような考えでその結論に至ったのかも説明できればと思ってます。


FXおすすめ トラリピ収支報告【2020年8月 3週目】

今週の収支は下記の通りとなりました。(今回から累計も記載するようにしました)
利確  : +900円(累計:+954,341円)
<内訳>
 豪ドル円:     +900円(累計:+538,610円)
 加ドル円:    0円(累計:+355,367円)
 ユーロ円:    0円(累計:-11,516円)裁量のみ
 ペソ円:     0円(累計:+71,880円)設定削除済み

現在の状況

202008-03_fx


非常に残念な結果となりました・・・。今までで一番動きの無い一週間だったのではないかと思います。
途中で利確を450円にしたおかげでなんとか2回利確されましたが、変えてなければ全く利確無しでしたね。
まぁ、こういう時もありますよね。今までが良すぎただけな気もします。
このように動きがないときに、欲張って設定を増やしたりなんかすると痛い目を見るのでご注意ください(笑)
走ってばかりでは疲れてしまいます、たまには休みたい時もあるでしょう。
いずれ来る上昇を気長に待ちます。

トライオートETF ヘッジャーロジックの解説②(買い設定について)TQQQ

前回「TQQQ トライオートETF ヘッジャーロジックの解説」の続きです。
見てないよ、という方は下記からどうぞ。

TQQQ トライオートETF ヘッジャーロジックの解説

さて、それでは前回の続きで買い設定の内部設定値について考察していきたいと思います。

<買いエントリー価格算出方法>

エントリー価格計算表

上の図は、ヘッジャーロジックによる買い設定を一覧化したものです。
どうやら18本の設定は2設定で1セット(No1とNo2、No3とNo4・・・)になっており、
エントリー価格は買いレートと利確幅とフォロー値によって決まっているようです。
利確幅はカウンター値の絶対値を10分の1した値になっているようですが、
そもそもカウンター値がどう設定されているのかはデータが少なく分析できてません・・・。
 ※大体が1.06の倍数になっているようですが・・・この1.06がどのように決まっているのか不明
この設定で、どのようにポジションを持ち利確されるのか、説明したいと思います。

<ヘッジャーロジックの動き>
インヴァスト値動き

はい、インヴァスト証券さんのホームページで見たことある画像です。(インヴァスト証券さんから引用)
この画像見てもいまいちピンとこないと思いますので、実際の設定値を当てはめながら説明します。

<上昇局面でのポジション保持及び利確>
先ほど説明した「買いエントリー価格算出方法」説明図のNo.1の設定を例に説明します。

 エントリー価格:132.42(指値)、133.54(逆指値)
 利確幅    :0.42
 フォロー値  :0.56
 カウンター値 :-4.25

上記設定が高いパフォーマンスを発揮するのは、下記の様な値動きの時です。
 ※わかりやすいようにスプレッドは0.75固定です
最高値動き

上記のような値動きをした時に、どこで新規ポジションを持って、どこで決済するのか?
詳細が下記の通りです。
 ※最初の波の部分のみの拡大図です
詳細値動き

価格が下がって買ASKが132.42となった時にポジションを持ちます。
その後は利確幅が0.42の為、売BIDが132.42+0.42=132.84となった時点で決済売りします。(図の紫)
決済時に次のエントリー価格が決められますが、その時点の買ASK+フォロー値となるため、
132.84(売決済レート)+0.75(スプレッド)+0.56(フォロー値)の134.15が逆指値で買い注文されます。(図のオレンジ)
 ※指値として、その時点の買ASK+カウンター値の129.34も注文されますが、レートが上昇するため意味がありません
その後レートが上昇し、買ASKが134.15になった時点で再度ポジションを保持、
レートが上昇する限り上記の繰り返しになります。
そして、決済後のポジションがない状態でレートが下がれば、指値のエントリーで
ポジションを持ちます。(図の赤)
 ※138.78(決済時買ASK)-4.25(カウンター値)の134.53です

No.1の場合ではこのレンジで動くのがい感じですね。
他にNo.2~No.18までの異なる数値での設定があるため、いろいろなレンジの値動きに
対応できるのでしょう。

<買い注文状況>
ヘッジャー買注文

<下落局面でのポジション保持及び利確>
同じく「買いエントリー価格算出方法」説明図でNo.1の設定を例に説明します。

 エントリー価格:132.42(指値)、133.54(逆指値)
 利確幅    :0.42
 フォロー値  :0.56
 カウンター値 :-4.25
  ※ASKとBIDのスプレッドは0.75固定とします

値動き2


詳細の動きは下記の通り。

詳細値動き2


上昇局面の説明よりも、利確が少ないですが下落なので仕方ないかなと。
これらことからヘッジャーは上昇局面に強いことがわかりますね。
ナスダック100トリプルはほぼ右肩上がりなので、上昇局面に強いのはとても良いですね。

さて、ここまででヘッジャーロジックの解説は半分です。
残り半分は売り設定です。
長くなりそうなので、別の記事にさせてください。
次回もお楽しみに。

トライオートETF ヘッジャーロジックの解説③(売り設定について+動きの総括)TQQQ

トライオートETF ヘッジャーロジックの解説 TQQQ

今回はトライオートETFのナスダック100トリプルで設定するヘッジャーロジックについてお話ししたいと思います。
トライオートETFはインヴァスト証券さんのCFDサービスです。
私も鈴さんの「無限ナンピン戦略」をとりあえず始めて見ましたが、内部のポジション保持ロジックがどのようになっているのか解説したいと思います。
かなり複雑な設定になってますので、順を追って説明していきます。

<ヘッジャーロジック設定後のメイン画面>
ヘッジャー全体


上記が、「自動売買セレクト」からナスダック100トリプルのヘッジャーロジックを設定した状態です。
買い設定が18設定、売り設定が9設定の、合計27個が設定された状態になります。(注文ではないです)
一番左の「稼働」列のところに電源ボタンと数値がありますね。18/27というのは、27個の設定があって18個が稼働中という意味です。
現在は買い設定18個しか稼働していないため、このような表示になっています。
初期表示時は折りたたんだ状態となっており、開くと下記のようになります。

<ヘッジャー注文をクリックして展開した状態>
ヘッジャー展開


上記は詳細の一部しか表示されていないです。メインの画面は別画面が開かない状態となっているので一部しか表示できないです。
現状は、上から4つと一番下の設定でポジションを持っている状態です。5番目の設定ではまだ設定した条件が満たされておらず、ポジションを保持していない状態ですね。
それぞれの列の説明は下記の通りです。(稼働~数量、評価損益、取引損益は見たままなので省略します)

●新規注文状況
 該当設定でポジションを保持している場合は購入(売却)した価格、
 ポジションを保持していない場合は上が逆指値、下が指値の注文になります。

●決済注文
 いわゆる利確幅です。買い注文の場合は買った価格よりこの数値分上昇したら利確、
 売っている場合は売った価格よりこの数値分下降したら利確です。単位はドルです。

●次の注文
 上の値がフォロー値、下の値がカウンター値になります。
 フォロー値、カウンター値は説明すると長くなるのですが・・・。
 フォロー値は、決済後の逆指値注文の価格を決めるために使われ、カウンター値は決済後の
 指値注文の価格を決めるために使われます。

 例)
上記画像の5番目の注文に着目します。
レートが上昇し、136.81に到達すると逆指値注文が実行され買いポジションを持ちます。
 ※実際にはスリップ等ありますので、136.81よりズレる場合もあります。
136.81きっかりでポジションを持つことができた場合、利確は+0.63した137.44になります。
その後、レートがさらに上昇し137.44に到達した時点で売り注文が決済され、無事利確となります。
で、ここで終わりではなく、さらに次の買い注文(指値、逆指値)が実行されるわけですが、ここで先ほどのフォロー値、カウンター値の出番です。
決済した価格137.44からフォロー値0.85を足した138.29に逆指値注文、137.44からカウンター値の6.38を引いた131.06に指値注文が設定されます。

●分配相当額
 ナスダック100を保持していると年に1回8月10日に分配金を受け取ることができます。
 ただ、価格は微々たるものなので、あまり気にしなくても良いと思います。
 2020年8月11日は135円の分配金があったようです。

●金利等合計
 ポジションを保持している期間により、発生した金利を支払う必要があります。
 直近8月13日の金利としては、買いは-0.32円で売りは-2.566円でした。


正直、上記の事がよくわかっていなくても問題は無いのかなと思います。
要は、すべてのポジションを保持して価格が下がってもロスカットしないように資金管理をすることが大事です。
これだけは必ず理解していないとまずいです・・・。

<買い注文状況>
ヘッジャー買注文

実際に注文状況を見てみましょう。ヘッジャーロジックの設定によって実際に出されている注文一覧です。
先ほどヘッジャー注文を展開した画像で説明した1~4と6の設定では注文はありません。
ポジションを持っている為です。
ポジションを持っていなかった5の設定では指値、逆指値の注文が出ています。(一番上の2行)

<売り注文状況>
ヘッジャー売注文

展開した状態の図では狭くて見えていませんでしたが、最初に説明した通りヘッジャーロジックには売り設定もあります。
その売り注文がこちらの一覧になります。全部で9個の売り注文が設定されています。
現状は稼働を停止している為、上記の注文はしていない状態です。
稼働していない理由としては、売り注文は大暴落のヘッジとして含み損を減らすために導入されています。
ですが、ナンピン戦略によって含み損がどれだけ多くなってもロスカットすることはありません。
よって、ヘッジする理由がない事と買い注文には損切設定がないですが売り注文には損切設定がされています。
よって、小暴落程度では利確できずに損切りされてしまう可能性が高いです。
そのため、私も鈴さんと同じく稼働を停止しています。

<ヘッジャーロジックについて、私の意見>
今までの説明を理解した上で、改めてヘッジャーロジックによる27個の設定を見てみると、いろいろな利確幅やフォロー値、カウンター値、スタートの指値、逆指値が設定されていることがわかると思います。小さな物から大きいものまで多様な設定になっていますね。
この設定のおかげで、一定の間隔で一定の利確幅でトラップを仕掛けるよりも様々な状況に対応できるような設定になっているのかなと思います。
ボラティリティが大きな時は大きな利確幅やフォロー値、カウンター値が設定されている注文が大きく利益を取り、ボラティリティが小さな時は小さな利確幅やその他値が設定されている注文が小さく利益を取る。
それらのバランスがうまく機能しているのかなと思います。


さて、長々と説明してきましたが説明途中でも言ったように中身を詳しく知ることより、ロスカットされない資金設定をすることが大事ですよね。
次の記事としてはそのあたりの資金管理の記事を書きたいなと思います。
トラリピとは違って、試算表が存在しないですから自分で計算するしかないですからね。
それでは、次回をお楽しみに。

トライオートETF ヘッジャーロジックの解説②(買い設定について)TQQQ

FXおすすめ トラリピ収支報告【2020年8月 2週目】

今週の収支は下記の通りとなりました。
利確  : +20,700円
<内訳>
 豪ドル円:     +2,500円
 加ドル円:   +18,000円

現在の状況
202008-02_fx



(土日が忙しく、記事がかけませんでした・・・スクリーンショットは8月17日、月曜朝の分になります。記事中の今週は先週、8月10日の週の事です。)
今週は前半だけ動きがあった感じですね。後半はほとんど動かない感じでした。
そんな中でも、割と利確がありありがたいですね。
今までは豪ドルが好調でしたが、今週はカナダドルが好調でしたね。
相変わらず、円安の方向で動いてきており、嬉しい限りです。含み損もかなり減りました。
このまま上がっていってほしいですね。


プロフィール

nob

2020年で40歳になる大量生産型普通のおっさん。
27歳の時に投資に目覚め、投資信託、FX、株式、太陽光発電、不動産投資と様々な投資に手を出す。
落ち込むこともあるけれど、私、投資が好きです。
このブログはそんな私の投資経歴や現在の投資状況、その他雑記を載せていく予定です。
他にも陸マイラーとしてのポイ活なども絶賛稼働中です。
皆さんに、私の経験を通して有益な情報を発信できたらと思ってます。
何卒、よろしくお願いいたします。

お問い合わせ

名前
メール
本文