FXのおすすめ手法 トラリピで不労所得「nobログ」

投資歴13年、40歳のおっさんがFXトラリピとトライオートETFで稼いだ金額や手法、所感を公開するブログです。
トラリピの設定の他、不動産投資、太陽光発電等の不労所得についても記載しています。
投資は自己責任、利益を得るためにリスクを取るなら損失も覚悟しましょう。

FXおすすめ トラリピ収支報告【2020年11月 3週目】

今週の収支は下記の通りとなりました。
利確  :    7,702円(累計:+1,110,165円)
含み損 :    -150,375円
<内訳>
 豪ドル円:          0円(累計:+632,138円)
 加ドル円:          0円(累計:+408,511円)
 ユーロ円:   7,702円(累計:-2,364円)
 ペソ円 :    0円(累計:+71,880円)設定削除済み

現在の状況

202011-03_fx


今週は全体的に少しレートを下げた感じでしょうか。豪ドル円、加ドル円、オージーキウイはポジションが増えるだけの1週間でした。
そんな中、唯一利益を上げてくれたのはユーロ円ですね。この設定だけは売りで設定している為、レートが下がった時に利確してくれます。
先週から始めている通貨でしたが、すぐに利益を出してくれてうれしい限りです。
今月も残りあと1週間、もう少し大きく動いてくれると嬉しいのですが、資金管理をしっかりして傍観するのみです。


現在のトラリピ設定は下記で解説してます。(ちょっと古いです)
トラリピの設定変更をしました【2020年7月】

トライオートETF TQQQ 収支報告【2020年11月 2週目】

今週の状況は下記の通りです。

<現在の状況>
202011-02_etf


利確  :   +51,716円(累計:+618,883円)
含み損 : -236,048円
 

今週も好調でしたね。1週間の利益としては十分すぎる利確です。
コロナのワクチン関連ニュースで結構下落しましたが、資金管理に余裕がある設定のため乱高下は願ったり叶ったりです。
このまま安全設定で利益を積み重ねていけるのが理想ですね。



トライオートETF ヘッジャーロジックの解説 TQQQ
トライオートETF ヘッジャーロジックの解説②(買い設定について)TQQQ
トライオートETF ヘッジャーロジックの解説③(売り設定について+動きの総括)TQQQ
トライオートETF ヘッジャーロジックの解説④完結(資金管理の計算方法について)TQQQ

FXおすすめ トラリピ収支報告【2020年11月 2週目】

今週の収支は下記の通りとなりました。
利確  :   42,344円(累計:+1,102,463円)
含み損 :    -119,684円
<内訳>
 豪ドル円: 25,200円(累計:+632,138円)
 加ドル円: 17,144円(累計:+408,511円)
 ユーロ円:    0円(累計:-10,066円)
 ペソ円 :    0円(累計:+71,880円)設定削除済み

現在の状況

202011-02_fx


今週は豪ドル円、加ドル円共に好調でしたね。週前半で2通貨供にレートを結構上げました。
ここ3、4か月は大きな動きが無かったのですが、今後は動き出してくれるかな。

また、新しくユーロ円とオージーキウイの設定を追加しました。
ユーロ円は売り設定にしてあります。円高となった場合に利益が積み重なる設定ですね。
買いで設定している豪ドル円や加ドル円の対になる設定です。
これで、円安となれば豪ドル円や加ドル円の利益が狙えて、逆に円安となった場合にはユーロ円の利益が積み重なるという仕組みができました。どちらに転んでもどちらかは利益が積み重なるというわけです。(バランスをとるために、豪ドル円、加ドル円の取引通貨2倍設定は解除してあります)

また、トラリピ最強通貨と言われるオージーキウイもレートが下がって来たため開始するには良い状況だと思い設定追加しました。
オージーキウイは暴落相場であってもそれほど影響がなく、必要な資金も少ないところが最強通貨と言われる所以かもしれませんね。

設定詳細についてはまた記事を書こうかなと思います。


現在のトラリピ設定は下記で解説してます。(ちょっと古いです)
トラリピの設定変更をしました【2020年7月】
プロフィール

nob

2020年で40歳になる大量生産型普通のおっさん。
27歳の時に投資に目覚め、投資信託、FX、株式、太陽光発電、不動産投資と様々な投資に手を出す。
落ち込むこともあるけれど、私、投資が好きです。
このブログはそんな私の投資経歴や現在の投資状況、その他雑記を載せていく予定です。
他にも陸マイラーとしてのポイ活なども絶賛稼働中です。
皆さんに、私の経験を通して有益な情報を発信できたらと思ってます。
何卒、よろしくお願いいたします。

お問い合わせ

名前
メール
本文